スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

債務整理と過払い金

債務整理とは読んで字の如く、債務(=借金)を整理することです。

今ある借金、払い終わった借金について、正しい金利で支払ってきたかどうかを調べ、もし違法な金利で支払っていたとしたら差額を減額、支払いが完了していた場合は返金対応を求めることができます。

とはいえ、ヤミ金などは使ったことがないし、違法な金利で支払いをしていることなんてないだろう、と普通の方はお考えになるでしょうけれども、大手消費者金融などでもこの違法金利(=グレーゾーン金利)にて利息を長期間にわたり徴収していた事実があります。

債務整理をした際に、本来の返済額を超える金額を既に支払いしていた場合
過払い金返還請求を行うことができるようになります。

過払い金返還請求をすると支払利息-本来の利息の差額分が丸ごと返金されます。
100万円を超える借入をしていた場合、法定金利では15%までと定められています。
ところがグレーゾーン金利では29.2%まで許されていました。

まさに倍ほどの金利だったことになり
そのぶん元金の減りも緩やかになっていたでしょうし、支払いに関して言えば倍どころじゃない額であることは想像に難くないです。

「契約したものはグレーゾーンだろうが、キチンと支払う」
こういった判断をされる方は非常に多いようです。
日本人らしい素晴らしい心構えだとは思いますが、
そのままでは悪徳業者を蔓延らせるばかりの悪習と言わざるを得ないでしょう。

誠実で謙虚であることと、違法を許すことは全く別問題として
借金にお悩みであったり、以前まで悩んでいた方たちは
グレーゾーン金利を許すことなく、債務整理という手段を取られるのも良いと思います。

テーマ : 生活に役立つ情報
ジャンル : ライフ

リンク
管理
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。