スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

債務整理 悪徳弁護士

弁護士や司法書士の中にも、悪徳というと語弊があるかもしれませんが
あまりよろしくない事務所もあるようです。

弁護士や司法書士が、債務整理をするメリットというのは
消費者の借金を減額、もしくは過払い請求することで
消費者の浮いたお金の中から報酬を頂く、というところにあるのですが

”悪徳弁護士や司法書士の場合、自分の報酬さえ確保できれば消費者のことはどうでもいい”
と考えているところありえます。

極端な話、30万円の借金が綺麗になくなったかわりに、弁護士への支払いが30万円残ってしまった・・・
などもありえます。

固定報酬と減額報酬


弁護士への報酬は固定報酬減額報酬というのがあることが原因としてあげられます。

固定報酬とはその名の通り、債務整理をするには、一社あたり○○円の報酬をいただきます。というもの。
減額報酬というのは、債務整理にあたり、借金が減額できたぶんの○○%をいただきます。というもの。

この二つの報酬の組み合わせで法律事務所は利益を得ています。

過払い請求の額が低いのに、固定報酬の高いところへいってしまうと、どうしても利用者の取り分というのは下がってきてしまいますね。

ただ、これ自体は全く非難されるべきことではありません。
弁護士や司法書士も、仕事としてやっていますから、利益をあげないことにはこういった手続きもしてくれないでしょう。
ところが、通常は相談段階で○○円減額(過払い請求)が可能なので、報酬としては××円、依頼主は△△円の利益となります。と概算で出してもらえるはずのものですが
悪徳なところになると、ここを明確にせず、過払い請求・減額のみに焦点を当て、話を進めてしまい、気づけば手続きが終わった頃には大して得をすることがなかった、ということになりかねないのです。

一度しかできない債務整理、悪徳弁護士に捕まらないために
まずは無料相談でどういったプランになるのかお確かめ下さい。

スポンサーサイト

テーマ : 生活に役立つ情報
ジャンル : ライフ

リンク
管理
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。